調査                              

浮気調査

浮気調査

モーテル街


「不貞行為」とは、男女間の性交渉であり、性交渉を伴わない男女の密会等は「不貞行為」には該当しない。また、通常、「不貞行為」が離婚事由となるためには、一回だけではない反復した「不貞行為」が必要とされる。

【民法770条】
夫婦の一方は、以下の場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。
1.配偶者に不貞な行為があったとき。
2.配偶者から悪意で遺棄されたとき。
3.配偶者の生死が3年以上明らかでないとき。
4.配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。
5.その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。

【慰謝料の時効】
不貞行為の事実及び浮気・不倫相手を知った時から3年を経過すると慰謝料請求が出来なくなります。
【時効間際の場合】
1.「催告」で6ケ月間時効の完成を阻止し交渉解決する。
2.裁判を起こし消滅時効期間をなくす。


調査料金/80.000円~(税別)


東京・埼玉・茨城・千葉で活躍中。
秘密厳守だから安心してご相談ご依頼下さい。
慰謝料請求等、安心出来る信頼の弁護士紹介も致します。


法律上ご依頼には【調査利用目的書】【業務委任契約書】【重要事項説明書】の契約手続きが必要となります。
a:763 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional